カテゴリー: 未分類

顔のニキビケアについて

顔のニキビケアについて

ニキビケア方法には、知識が必要になります。
ニキビケアといえば、洗顔や化粧品ですが、実際に自分で何を使ったらいいのかわからなくなることがあると思います。

しっくりこない原因は、自分のニキビがどの状態なのか、どんなタイプなのかなど、しっかり把握できていないことです。
また、年齢や季節によって自分自身の肌も常に変化しているので、今までケアしていた洗顔や化粧品が合わなくなってきていることが起きてきます。

ニキビケアをする前に、まずは自分の状態をしっかり把握することで、肌のトラブルを防げることができます。
ニキビには、肌のトラブルを予防できずに、後になってできてしまう「白ニキビ」や「黒ニキビ」があり、
白ニキビは、誰でも肌に白く小さな吹き出物のような状態で現れ、毛穴がふさがって、皮脂が外に出られない「閉じた」ニキビにことで、
黒ニキビは、肌の表面に押し出された状態で外部に触れてニキビが黒くなる「開いた」ニキビです。

また、自分がどんな肌なのか知っておくのも重要です。季節によって変化しやすい普通肌、
カサカサして荒れやすい乾燥肌、脂っぽいのにカサつく混合肌、うるおいはあるけどべたつく脂性肌の4つのタイプに分かれます。
この4つのタイプによって、それぞれ肌のお手入れが違ってくるので、自分の肌のタイプを調べてからニキビケアをしていきましょう。

もし早く治したいなら、エステがおススメです。エステは機械でターンオーバーを促進し、乾燥を防いでくれます。ぜひ手入れが難しいと思う方はエステも検討してみてください。

ニキビケアの仕方

「背中ニキビ」をケアする方法はいくつかありますが、その1つに、服で背中ニキビを治す方法です。
背中は、汗をかいても拭きにくいデリケートな部分で、肌着をつけずに直接服を着てしまうと汗の吸収性が悪くなり、ニキビができやすくなります。

そこで、肌着は通気性や吸収性の良い天然素材のものを身につけましょう。部屋着は、背中の通気性や服のムレ、
刺激を防ぐ生地が入った服や就寝時に着るパジャマは、寝汗をかいているので、背中ニキビのばい菌が背中につかないように、毎日変えて洗うようにしましょう。

顔のニキビケアをする方法は、洗顔料をうまく使ってみましょう。自分の肌が脂性肌の場合は、ダブル洗顔の前に、クレンジングの後に蒸しタオルで毛穴を開くと脂質の汚れが落ちやすくなるます。
混合肌の場合は、皮脂が多めで水分が少ないタイプなので、Tゾーンのテカりと口のまわりや
顎の乾燥するところのどちらかの脂質に合わせた洗顔フォームを選び、最初はTゾーンを優先的に洗ってから、口のまわりや顎を丁寧に洗うという工夫をしてみましょう。

乾燥肌の場合は、水分も皮脂も少ないので、柔軟性がなく、小しわができやすくなり、水分不足が原因で
毛穴がつまりニキビの原因になります。まずは、肌への摩擦をなくすため、洗顔料をよく泡立てて、Tゾーンや口のまわりや顎を丁寧に洗い、
洗顔時間を短く切り上げ、化粧水はじっくりと少量ずつをくり返して使いましょう。

ニキビケアに特化した肌トラブル改善専門店「Accueil」
http://www.accueil-esthetic.net/