作者別: sp-kanri

美容液と肌質

まず、美容液を選択する前に知る事は、ご自身の肌の質からです。肌質は、大きく5つに分ける事が出来ます。
1つ目は、通常肌です。これは、「完全な皮膚の状態」の肌質を指します。通常の皮膚というのは、乾燥も無く、油分も適量で、吹き出物等の皮膚の支障が全く無い状態の皮膚の事を言います。ただ女性の場合、月経期間に少し吹き出物が出る場合があるかも知れません。

しかし、それ故に、ニキビ問題にまでには発展はしません。この皮膚こそが健康な皮膚の事を言い、女性の夢でもあります。
2つ目は、乾燥性肌です。この肌質は、非常に急速に肌が年をとる傾向があり、しわを早くに作ります。乾燥肌の人は、昼間にでも、薄くしわの様なものが起こる可能性があります。

それが、油分や汚れ等を洗浄する時、誤解を起して洗浄する際にきつくこすったりすると、もっとしわを多く作る結果を生じる事になりかねません。大変気をつける事が大切です。
3つ目は、油性肌です。貴方の台所にあるポットと同じぐらい肌が輝いているとしたら、

 

それは、油性肌である証拠です。油性肌は、大変ニキビが出すい特徴があります。そして、肌の洗浄後には、新鮮な油分を感じ取る事が出来ますが、正午前には、もう既に又新たな油分の分泌がなされて肌質を攻撃してくるのです。ですから油性肌の方の肌は、柔らかく柔軟である皮膚とは異なり、目が粗く皮膚質が厚い事が特徴です。
4つ目は、混合肌です。混合肌というと奇妙に聞こえるかも知れません。この肌の特徴は、頬の周りの肌は普通的でも、額と顎の皮膚が非常に油分を多く含んだ肌質になっています。実は、この肌質のタイプは統計的数値で独身でないほとんどの人がこの混合肌のタイプである事が判明されています。
5つ目は、敏感肌です。この肌の特徴は、「過酷な肌」と言って、肌質がもろく、痒みを伴い精神的に苛立ちを起し易いという特徴があります。敏感性の肌質の持ち主は、多くの注意をはかる事が大切です。

もし、基礎化粧品を購入する事があれば、必ずパッチテスト検査が必要です。それは、敏感肌は酸性又はアHT104_350Aルカリ性の化粧品のどちらかから大きな支障を受ける確立が大変高いからです。

肌の皮膚は、バクテリアから汚染物質までに及ぶ様々な危険なものから、皮膚を保護しています。つまり肌の皮膚は身体の「カバー」の役割を果たしているのです。肌の表皮の皮膚成分は、弱酸性が最もこの皮膚の保護「カバー」する効力が高くなる要素を含みます。

この皮膚表皮のPHは4~6.5である事が理想的ですが、肌の部分部分によっては数値が異なります。もし肌質の皮膚成分が酸性に変化すると、そこから保護力は破壊され破損が生じ、皮膚を自動的に損害と感染の傾向に傾き始めます。肌の皮膚は、石鹸等を使用して洗浄する際に皮膚の保護力は一時的に損失をします。

しかし、心配する事はありません。肌の皮膚は、洗浄する事で健康な皮膚を失う事などはありません。それは、洗浄した肌は一時的に休む肌に変化して、14時間後には、新しい皮膚に入れ替わっているからです。

肌美容液は、その働きを助け、肌の皮膚を健康な状態に持って行く為の補助の役割を果たします。成分は食物栄養素や食物要素に含まれる、亜鉛、必須アミノ酸、ビオチン、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンCを含むコラーゲン、リコピン、イソフラボン、オメガ3脂肪酸、ルテイン、カロチノイド、カフェイン、ビタミンA、ウコン等が配合されている美容液なら、自然な働きをもって、健康な肌を取り戻す事が出来るでしょう。

肌の水分を逃がさないヒフミド」のお試しセット

肌がかさかさして、水分補給をして、クリームでふたをしても全然だめ!な人、いませんか。
乾燥することで、角質バリアの機能が弱くなり、水分保持ができなくなっている状態なのです。
バリバリ乾燥した肌では、肌の表面からだけでなく、肌のもっと奥のほうからも水分が蒸発している状態なので、肌内部のコラーゲンが破壊されてしまいます。

コラーゲンが破壊された肌は、ハリや弾力がなくなってしまうだけでなく、しわが刻まれてしまうのです。HT091_350A
「ヒフミド」に含まれる有効成分「ヒト型セラミド」は、人の肌にもともとある成分なので、浸透しやすく肌に対する刺激がほとんどありません。

ヒト型セラミドの持つ高い水分保持能力は、使うことで水分を保持できる肌へと改善してくれるのです。
乾いたスカスカのスポンジのような肌に、ヒト型セラミドは浸透し細胞間脂質として細胞の隙間を隈なく埋めるのです。
水分を十分保持した肌は、バリア機能を取り戻し、外側からの刺激にも強い肌へと変わっていきます。

「ヒフミド」お試し花柄トラベルポーチセット(お一人様1個まで)
クレンジングミルク(化粧落とし) 10ml
ソープ(洗顔ソープ)16g
エッセンスローション(保湿化粧水) 20ml
エッセンスクリーム(保湿クリーム) 4g
UVプロテクトミルク(日焼け止め乳液) 5g
花柄トラベルポーチ
送料無料980円

乾燥肌をじゃぶじゃぶ水分補給して、時間がたつと蒸発しての繰り返しの一時的な保湿は止めて、水分保持力のある化粧品を使って強く健康的な肌を目指しませんか。

バリア機能を取り戻す「アヤナス」の10日間トライアルセット

スカスカの乾燥肌で、いくら保湿を繰り返しても水分保持ができない人にぴったりの「アヤナス」がお試しトライアルセットを10日分初回限定1480円という価格で体験できます。

アヤナス10日分トライアルセット
アヤナス RC ローション14ml
アヤナス EV エッセンス 8ml
アヤナス AS クリーム 9g
プレゼントとして、1品7役のアヤナス ASBBクリーム(1回分)
通常価格2160円のところ、初回限定で1480円
30日以内の返品OK  日本全国送料無料  コンビニ・郵便局の振込み手数料無料

肌の乾燥は、様々な肌トラブルを連鎖的に引き起こしてしまいます。
敏感肌は角質が荒れている状態なので、エイジングの影響を受けやすい状態にあります。バリア機能も弱くなり、外からの刺激が肌の中へ侵入しやすくなっています。その刺激によって、何度も肌が小さな炎症を起こHT135_350Aしていくうちに、肌のコラーゲンが破壊され、肌の弾力やハリが失われてしまうのです。

肌に水分を補給するだけでは、水分を必要としている角質層まで浸透できません。
そこでディセンシアは、角質層で水分を保持することのできる「セラミド」を使って、肌の水分保持を可能にしました。
「アヤナス」に含まれるセラミドは「ヒト型セラミド」といって、肌への浸透性が高く、保湿能力のとても高いものです。ナノサイズのヒト型セラミドが、乾燥してスカスカになった角質層の隅々まで浸透します。
ペントナイトによるバリア機能で、肌の表面をぴったりと隙間なく覆い、外からの刺激をシャットダウンします。

バリア機能で表面を守り、角質層ではがっちり水分保持能力を発揮するのですから、ベストな保湿といえます。

CVアルギネートが添加されることによって、スピーディーに肌の深部まで入り込み、ハリ・弾力をサポートします。ふっくらとした肌へと導いてくれるのです。

一時しのぎの保湿ではなく、肌自体が水分保持をできる肌を目指して「アヤナス」を試してみませんか。

セラミドにも種類がある!保湿化粧水選びはどうすればいいの?

セラミドのすばらしいところは、いくつもあります。
・人の体にある成分であるために、刺激が少なく浸透しやすい。
・スポンジのように水分・油分を保持し、水分蒸発を防ぎ、保湿効果がある。
・外側からの刺激に対して、肌を守るバリア機能がある。

肌に対して有効なことの多いセラミドですが、実は4種類もあるのです。
セラミド含有の化粧品を選ぶとき、どの種類のセラミドを選ぶかで保水力なども違ってきます。

化粧品類に配合されるセラミドは大きく分けて4種類あります。HT103_350A

・ヒト型セラミド
・合成セラミド
・天然セラミド
・植物性セラミド

それぞれのセラミドは、メリット・デメリットを持っているため、とても有効なのに化粧品として作り出すのが大変だったり、作るのは簡単なのに効果が低いなどといったことがあり、それぞれの企業は製品開発にしのぎを削っています。

「ヒト型セラミド」は酵母を利用して作られたもので、刺激が少ないのに、肌への浸透力が大きく、保湿にとても優れています。
このセラミドは。人の体にある角質細胞間脂質のセラミドと、化学構造がほとんど同じなので、他の合成セラミド・天然セラミドなどに比べても肌への浸透が非常に高いのです。
一方「ヒト型セラミド」は、水に溶けない性質を持っているので化粧品への配合はとても難しかったのですが、何社かの企業がこのセラミドを配合することに成功しています。

「天然セラミド」は、人の角質細胞間脂質ととても近い成分なので、保湿力が高く、肌のバリア機能の改善ができるのですが、原料としては非常に高価です。
化粧品に天然セラミドとあっても、効果が感じられるほどの含有量があれば、とても高価になってしまいます。価格が安いのであれば、配合量が少ないということでしょう。

保湿したいと思ったときに、セラミドと書かれていれば何でもいいというのではなく、どの種類のセラミドが入っているのかを調べてから購入しましょう。
価格と効果の面からいうと「ヒト型セラミド」配合化粧品が一番といえるのではないでしょうか。

肌の保湿、どうすればいいの!?

秋から冬にかけて、日本の湿度はどんどん下がります。木枯らしも吹き、乾燥を気にする女性にとっては困ったものです。
気温の低下も血行不良を招きます。血液の循環が体中にうまく行きわたらなくなると、栄養が体中に行きわたらなくなり、肌の新陳代謝を下げてしまいます。

乾燥は肌の大敵です、様々な肌トラブルを引き起こす元凶ともいえますので、寒くなる季節にはきっちりと保湿しなければいけません。HT093_350A

洗顔後、入浴後の肌は時間とともに水分が蒸発していく状態にあります。お風呂上りのしっとりしているときが、ベストのタイミングです。乾燥してしまう前に、スキンケアに入ってくださいね。
保湿を!と思ったとき、化粧水をバシャバシャとやみくもにつけてもいけません。

コットンでやさしく、水分を特に必要としているところへは、特に念入りにやさしくパッティングしましょう。他の部分には均一に、やさしくです。
化粧水で水分だけ補給しても、時間とともにどんどん蒸発してしまいます。水分と油分のバランスがよくないと、保湿の行き届いたふっくら肌にはなれません。
その上から、美容液や乳液を肌に補給していきますが、それぞれのアイテムごとにハンドブレスしましょう。肌への浸透を助けてくれます。

特に敏感肌の人は、コットンが肌をいためる原因にもなりかねませんので、手でやさしく押さえ込むように塗布しましょう。ハンドブレスも忘れないでくださいね。

乾燥が気になる人は、セラミドが配合されたスキンケア商品を使ってはどうでしょうか?
肌のなじみがよく、水分保持能力が向上します。

セラミドはもともと角質層を構成している成分なので、刺激も低く、角質層まで届きます。
角質層こそ、水分を保持することのできる場所なのです。

水分を欲しがっているのは角質層なのです。

たっぷり保湿された肌は健康で強い!

肌は季節の変わり目の温度変化や、湿度の変化、日常的に降り注いでくる紫外線、ハウスダスト、細菌、土ぼこりなどの汚れにさらされています。
潤いがあり健康な肌は、バリア機能が正常であり、肌のターンオーバーも規則正しく行われているのです。
結果として、外からの様々な刺激に対して強く、少しくらいのことでは、細菌や汚れなどの侵入を許しません。

肌に十分な水分を保持できるということは、あらゆる刺激に強いということです。
見た目も美しく、異物の侵入を許さない健康な肌は、水分が保持された状態の角質層であるということにもなります。
水分を角質層に届けたときに、その水分を保持する能力がセラミドにはあるのです。セラミドとはもともと体の中にある成分なので、体が刺激物として認識しません。

乾燥した肌にはセラミドを補い、水分を保持することでシミやしわ、乾燥からくる痒み、湿疹、赤らみ、細菌感HT016_350A染などから肌を守ることができます。

私たちが目指すのは、美しく強く健康的な肌です。
化粧水をジャブジャブ使って油分でふたをしても、、その一時しのぎの潤いで終わってしまいます。
水分を保持できる角質層を作ることが大切なのです。水分を保持できる角質層は、与えられた化粧水の蒸発を抑え、スポンジの様に水分を吸収します。

言い過ぎかもしれませんが、水分さえたっぷり保持できていれば、ほとんどの肌トラブルはおきにくいものです。
肌トラブルを避け、ふっくらとした肌にするために、水分保持ができる角質層へと改善して、上手に水分を補いましょうね。