保湿について考えよう

保湿等、身体に必要な水分の成分は人間身体の細胞の中と、そして人間身体の細胞の外にあります。そして、水分成分は血液の成分の一部の中に含まれているのです。身体の水分の役割は、身体全体の血流を通して、骨や筋肉等の組織の隅々まで行き渡っています。

それは、水分成分が酸素や重要な栄養物を接種する為の役割を担っているという意味です。人間の身体の器官や筋肉でさえ人間の身体は水分で出来上がっているのです。人間の身体のホルモンは、一定の量を保つ為にプロスタグランジンと呼ばれるホルモン物質が必要とされます。

人間の身体の中の水分は、常に一定の量を保つ様に出来ています。もし大量に接種をした時は、腎臓の機能が水分過量であると認識し、水分を外に排出する様に出来ています。

ですから、身体に過量に水分を摂取しない時は、腎臓機能は一定の水分レベルである事と認識し、外に水分を排出する事をしません。HT074_350A

皮膚における保湿水分は、皮膚を健常に維持する為に重要な役割を果たしています。もし皮膚の保湿水分が不足したなら、皮膚は乾燥を引き起こし始め、皮膚の柔軟性をも無くす事となります。それは、夏の暑い時でも、冬の寒い時でも同じ事です。本当に色々な理由で皮膚の保湿水分は奪われます。

例えば、夏は皮膚の露出によって太陽にさらされて奪われます。

冬の数ヶ月は、冷たい風にさらされる事で奪われます。多くの人は身体の保湿成分の保湿を回復させる為に、入浴の際に石鹸を使用して身体の汚れをごしごしと丁寧に洗い流す事をし始めます。

しかし実はそれは身体にとって、過剰に皮膚保湿成分の掃除をした事と同じ事になります。特に保湿成分が含まれない石鹸等を使用した場合は、目で認識が出来なくとも、皮膚の保湿成分は破損を起こしてしまいまい、皮膚にとっては大変な状態を作ってしまいます。

例えば、水水しい果物の水分が無くなった時の様に肌が保湿のベールの無い醜い状態になっている訳です。ですから、石鹸を使用する際は、泡などをつける程度で、ごしごしと洗い流す事は、良くない事なのです。
HT060_350A
そして、保湿性を保つという意味でも、皮膚の肌質に合う石鹸を選ぶ事は最も大切な事です。それは、その人の皮膚のPH数値を知る事が最も大切な事だからです。

PH数値というのは、皮膚の保湿バランス数値の事を指します。身体の皮膚の毛穴は、油分と汗腺の組み合わせで成り立っています。その両方が健康で弾力性を保つ事が健康な皮膚を維持するのに最も大切な事なのです。健康的な皮膚は、油分50%汗腺50%で成り立っています。

 

そして、皮膚は弱酸性である事が大切です。何故なら、皮膚層が弱酸性であれば皮膚を細菌増殖から防止する事ができるからです。

しかし、時にこの皮膚層が酸性になる事や中性になる事がしばしばあります。皮膚層が弱酸性層が減少して酸性もしくは中性になると、皮膚をバクテリア等から防止する防御力機能が自動的に減少します。その事によって、ニキビ等、吹き出物や乾燥性肌を引き起こす原因となる訳です。

 

その事は、心身の皮膚全体の健康を失う事にまで繋がります。身体の皮膚の健康と保湿力を知りたい時は、自分の肌のPHの数値がどうであるか。を知る事が大切です。それを知る事によって皮膚の健康と保湿力とを保つ為の対処方法を見つける事が出来ます。

身体の皮膚の役割と美容成分

まずは、皮膚の役割から説明していきましょう。皮膚の役割は大きく分けて6つの役割があります。
1つ目は、保護の役割です。病気の原因である細菌から身体を守る役割。そして、外的要因等からの受けた傷等を再生する役割です。これは、皮膚の構造の中にランゲルハンスという細胞が適応性のある免疫システムを作り出し、皮膚を外的環境から保護する役割を担っています。
2つ目は、感覚です。末端神経系による寒さ・接触・圧力・振動・傷の痛み等の触知感覚です。
HT181_350A
3つ目は、温度調節です。漏出分泌の汗腺と膨れた血管が身体のくびれている所からの熱の損失を支援し、体温を保護します。筋肉は、体毛や髪の毛等の毛の幹の角度を調整し、熱の遮断材の様な役割をはたしています。
4つ目は、水分蒸発のコントロールです。皮膚は、体液の喪失と保存との統合をはかる為、脂肪質と保湿成分が浸透しないバリアの役割を作り上げ、全身の肌は、比較的に少し乾燥肌気味になっています。
5つ目は、吸収です。皮膚は、常に酸素・窒素・及び二酸化炭素を少ない量ではありますが、皮膚の表面で拡散して呼吸器官の役割をはたしています。
6つ目は、外部からの水分の抵抗です。皮膚の耐久バリアの役割はとても不可欠なものです。しかし、そこで栄養分を損失する事はありません。肌の水分補給を助ける栄養物質と油分が保存されている箇所は、最も多く外の表面層に覆われています。人間の身体の皮膚はこの6つの役割を担っています。

この役割を担う皮膚にとって、最も大切な事は皮膚が常に健康状態である。という事なので

す。
美容成分は、この皮膚肌質の層に働きかける役割を担っています。顔の肌質は、油分のある肌の艶が必要です。この油分質が肌表面で壊れている時、にきびや吹き出物が出来やすい状態を作ります。

油性肌とは、血色が悪く、皮膚質が粗く出来ています。目と首を除いて、多くの部分に確実に目に見える毛穴が開いている傾向にあります。過度の油性肌には肌の内部の問題の兆候を現す事があるので治療が必要です。もし、自分の肌に油分が過度にあると気づかれた場合、保健専門医に相談すると良いでしょう。

 

皮膚をより魅力的に見せるという事は、美学的意識から、ある目標に向かって努力を要します。化粧品の使用等で油分を多く含んだ皮膚を良い状態にするには、余分な表面皮質を取り除く事が大切です。強力な石鹸等は脱脂処理しすぎて皮膚を悪化させる原因にもなりかねません。出来るだけ避けましょう。石鹸等を使用する際は、泡布等を使用し皮膚を浄化する程度に洗浄する事が大切です。

クレンジング製品には、低濃度のヒドロキシ酸が含まれて居ます。ヒドロキシ酸は、皮膚の角質層の表面の死細胞を取り除く役割を担っています。肌の表皮を健康的に保つ為には、このクレンジング製品の使用を定期的に行う事は良い事です。肌の油分や死細胞を取り除く為に、ごしごしと洗浄したり、効力があるからといって一日に2度もクレンジングを使用する事は良くない事です。

健康的で適度な保湿や油分を肌に浸透させるには、新鮮な果物や野菜や低脂肪の食事を摂取する事を最も大切に心がけてみて下さい。時には、ハーブティー等を飲んで興奮を抑える事も方法ひとつです。

そして、毎日の排便を心がけて下さい。そういう体内の働きの中で、ビタミンやミネラル摂取が確実な時、美容成分であるビタミンA・ビタミンB-6およびレシチン配合の美容液の効果が肌にとって最大限に生かせる事が出来るのです。